ガーゼのタオルは肌にやさしい

タオルの素材には綿糸やリネン、炭繊維がありガーゼもそのひとつです。
最近ではコットンなどでオーガニックを採り入れたものもあります。
生地の材質によって使い心地はかなり異なるものですが、単に肌触りという感触の問題ではなく個々人の肌に合うものと合わないものがあるという側面もあります。
特に、小さいお子さんや赤ちゃんにとっては使用するタオルの素材が何であるかは重要なことといえます。
弱い肌を傷つけてしまう場合もありますから。
赤ちゃんの肌を拭くのに適しているものではガーゼが知られています。
ガーゼはもともと綿糸なのですが、ただのコットンと違うのは目を粗くしているのが特徴です。
その分、通気性や吸水性が良いので傷の手当てに用いられることが多かったのは良く知られているところです。
また、肌に当てた時の感触も強く主張することが無く、そのやさしい肌触りから赤ちゃん用品にも良く使われています。
タオルだけでなく色々な用途が考えられる素材です。
ガーゼタオルは肌にやさしいだけでなく、発汗が多い時にも吸水性が高いので重宝します。
また、小さい子が転んで擦り傷を作った時等には傷口を軽く洗浄するために水を含ませて運ぶ道具にも使えます。
夏の暑い時は水を含ませて首筋や頭に当てて熱をとることにも使えます。
再三いわれる赤ちゃんでの用途としては、湯あみなどで体を洗うのにも良いです。
乾いた時とはまた違った柔らかな感触が気持よくて、大人でも入浴のお供に使っている人はたくさんいます。

*このサイトは現在準備中です